PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 火炎検知器

BFI AUTOMATION / ビーエフアイオートメーション社(ドイツ)
火炎検知器

特長

赤外線エネルギーの揺らぎを検出して炎の検知を行い、ボイラーのバーナー及びガス・オイルタービン等の炎を検出することができます。ファイバーオプティックケーブルを利用することで取り付けがコンパクトになり、高温のエリアでも使用することが可能です。
EU、アメリカの電気・防爆規格の認証を受けており、自己診断機能も内蔵しています。

概略仕様

基本構成はスキャナー部分とアンプ部分で構成されています。

あらゆる火炎に対応する為、幅広い波長域を測定できるよう『紫外線域測定タイプ』『赤外線域測定タイプ』

『紫外線域~赤外線域測定タイプ』の大きく3種類をご用意しています。

赤外線タイプは赤外線エネルギーの揺らぎを計測していますので、火炎が揺らいだ状態でも安定して計測することが可能です。

赤外線タイプはファイバーケーブルを使用することによりMax400℃の環境下でも冷却ジャケット無しで使用することが出来ます。

IEC,UL,FM規格品で防爆タイプもご用意しています。

(ATEX, GOST その他規格についてはご相談下さい)

 

標準タイプスキャナー

防爆タイプスキャナー

専用アンプ

測定波長

※右記より

1つ選択

300~2700nm

280~420nm

1015~3000nm

1000~2700nm

(特殊フィルター使用

:250~7000nm)

300~2700nm

280~420nm

1015~3000nm

1000~2700nm

(特殊フィルター使用

:250~7000nm)

-

電源

24VDC

24VDC

24VDC

使用温度

-20~60℃

-20~60℃

-20~60℃

構造

IP65

IP65、防爆構造

IP20(専用ラックあり)

出力

- -

4-20mA、リレー出力2点

用途・事例

・シングル/マルチバーナーでの火炎モニター

・軽/重油燃料での火炎モニター

・コークスガス燃料での火炎モニター

・天然ガス燃料での火炎モニター

・低NOxでの火炎モニター

・ボイラーバーナー、ガスタービンでの火炎モニター

 

 

カタログ PDFダウンロード