ポンプから医療機器まで幅広い商材を取り扱う機械専門商社 ジャパンマシナリー株式会社

LANGUAGE:
日本語
English
お問い合わせ・資料請求
ホーム > 製品情報 > GIS-α In Vivo予測用溶出試験器

GIS-α In Vivo予測用溶出試験器 Japan Machinery Company

特徴

胃→十二指腸→空腸→回腸を模したトランスファーモデルかつ吸収予測可能なバイフェージックモデル


GIS-αは、ミシガン大学で提唱されたGISをベースに開発した
In Vivo予測のための画期的な溶出試験器です。
ベッセル間の送液、パドルの回転速度、ベッセルサイズの個別
設定、全ベッセルのpH常時モニタリングができ、それらのログが残ります。
消化酵素の注入から、各コンパートメントのトランスファーと
小腸パートでの吸収までを一つの実験系として使用することが
可能です。
各ベッセル間のpH送液量はあらかじめシミュレートした内容に基づいてコントロール出来ます。
全12個のペレスタリックポンプの校正は画面操作で楽に行えるなど、使いやすい設計となっています。

お問合せ

仕様

    パドルの回転数、送液速度、実際に即したpHの設定を行うことにより
    溶出プロファイルの再現性が向上します。
    特にBCSクラス2及び4に対しての予測の有効性が様々な研究で確かめられています。
    また、本装置の機能を駆使することで、各研究機関での様々なアイデアを試すことが出来ます。

    <2層モデル>
    小腸のベッセルを2層にすることにより、溶出性予測だけでなく吸収を予測できるため、 より精度の高いin-vivo予測を可能としました。



その他の取り扱い製品

BD社
BioavailabilityDesign Mini
BD社
BioavailabilityDesign Expert
ERWEKA社
フロースルーセル法溶出試験
ジャパンマシナリー社
実験状況監視システム
Disso.Caps



03-3730-4891 お問合せ

 カタログのダウンロードを希望される方はこちらをご入力ください。
 [必須]  (例)日本
 [必須]  (例)太郎
 メールアドレス[必須]   (例)[email protected]
 会社名[必須]
 郵便番号[必須]  (例)123-0001
 都道府県[必須]
 住所[必須]
 電話番号[必須]  (例)03-123-0000
 コメント
reCAPTCHA

購入ご検討段階から納入後のトラブル対応まで、経験豊富なスタッフが確かな技術力でお客様のご要望にお答え致します。まずは是非一度お気軽にご相談ください。

サポート

製品ピックアップ

すべて

prev next

展示会・イベント

詳細へ

国内で開催される様々な展示会・イベントで製品をご覧頂けます。


SEECAT 2019

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ ダウンロード
お問い合わせ・資料請求

Copyright© JAPAN MACHINERY Co., Ltd. All rights reserved.