PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 空間オフセット型ラマン分光装置 RapID(ラピッド)

Agilent Technologies / アジレント・テクノロジー社(アメリカ)
空間オフセット型ラマン分光装置 RapID(ラピッド)

開封なしの原材料同定
次世代型ラマン分光装置

特長

  • 不透明な容器
  • 紙袋越しの測定が可能
  • 蛍光を発する試料も測定可能
  • サンプルへのダメージ≒0

概略仕様

ラマン原材料同定 (ID) 検証のための次世代ポータブルシステムです。透明なパッケージから不透明な色付き容器に至るまで、高スループットの分光分析を実現します。 

医薬品メーカーにとって、不透明な容器に入った原材料の同定試験は、ボトルネックとなることがあります。内容物を検証するには、容器を開け、サンプリングと試験を行い、再封入するという作業専用のサンプリングエリアが必要になります。RapIDの空間オフセット型ラマン分光 (SORS) 技術は、原材料の非破壊的な同定検証に最適な独自のラマン技術です。RapIDのオペレーターは、不透明な容器や色付きのパッケージ越しに容器の内容物を数秒で検証できるため、原材料を即座に生産ラインに引き渡すことができます。これにより、原材料の取り扱いやラボでの試験にかかる時間が短縮され、1 バッチあたり数時間から数日かかっていたオーバーヘッドが、わずか数分に激減します。

この製品に関する動画

用途・事例

用途

医薬品原材料の受け入れ確認の効率化

事例

倉庫や原材料保管環境での使用:
パッケージ越しでも確実に原材料を同定できること、手袋越しに操作できること、バッチ・原材料、容器情報のバーコードを読み込めることで受け入れ確認の効率化を図りました。

 

 

カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品