PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. Agilent Technologies / アジレント・テクノロジー社(アメリカ) 原材料受入検査用ハンドヘルド型  空間オフセット型ラマン分光装置Vaya(バヤ)

Agilent Technologies / アジレント・テクノロジー社(アメリカ)
原材料受入検査用ハンドヘルド型 
空間オフセット型ラマン分光装置Vaya(バヤ)

不透明容器越し測定 開封なしの原材料同定
次世代型ラマン分光装置

特長

  • 不透明な容器・紙袋越しの測定が可能
  • 未開封での計測により受入検査の大幅な高速化を実現
  • 蛍光を発する試料も測定可能
  • サンプルへのダメージ≒0

概略仕様

時間と労力のかかる原材料受入確認作業において、迅速且つ高精度な測定が可能な携帯型ラマン分光装置です。
独自の空間オフセットラマン分光技術(SORS)や特許取得の光学設計により、

不透明な容器(紙袋、プラスチック容器、褐色瓶等)越しの測定ができるので、

サンプリングを必要とせず未開封のまま原材料の同定ができ、大幅な工数、

コスト削減に貢献致します。
将来、全数試験を行う対象物が増えたとしても、機器を追加することなく、

さらに高スループットのプロセスを維持できます。

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

 

 

Vayaを使えば受入検査の工程を減らすことができます!
 
<受入検査工程(一例)>

 

 

一般的な受入検査 Vayaを使った受入検査
・受入原材料はID試験原則必須
・通常、容器は開封する必要がある
(1) ラマンを使用しての透明瓶や透明袋越しでの測定
(2) サンプリングしたものをQCラボにてFTIR分析
・有害化学物質への暴露リスクを軽減
 開封する必要がない ・製品の無駄を減らす
 空気にて劣化/変質するものに関して、貯蔵寿命が保たれる
・在庫レベルの削減
 空間オフセット(SORS)技術にて原材料をより迅速にリリースする事が可能と
  なり製造需要に対応できる為、安全在庫をより小さくする事ができる

 

 

 

どんなものを未開封で測定できるの? 

 

 

※お手数ですが「Vayaリスト希望」と明記願います

 

なぜ開封せずに測定できるの? 

 

  測定原理:SORS

  レーザーを2回照射し、容器+内容物を通過した散乱光から容器の散乱光を差し引くことで
 内容物のスペクトルを取得しています




 

<Vaya アプリケーションノート>

ハンドヘルドラマン分光装置を用いた容器越しの原材料同定 【Download】
Agilent Vaya ラマンシステムによる紙袋越しの原材料の直接同定 【Download】
パッケージ内の原料の迅速な同定 【Download】
褐色瓶越しのポリソルベート 20 および 80 の迅速な直接同定 【Download】
空間オフセット型ラマン分光法による バイオ医薬品原材料の識別 【Download】

 

この製品に関する動画

概要ビデオ:Increase Your Reach, Not Your Costs with the Agilent Vaya Raman System(日本語字幕)

 

 

 

デモビデオ:Vaya Raman System—the faster, easier way to validate your incoming raw materials(日本語字幕)

 

 

 

※外部サイトへ移動します

用途・事例

医薬品原材料の受け入れ確認の効率化

 

 

 

メーカーホームページURL

https://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1006142
カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品