PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 溶出試験器DTシリーズ

ERWEKA / エルヴェカ社(ドイツ)
溶出試験器 DTシリーズ 

リーズナブルな価格で導入できるエントリーモデルから
サンプリング・分析システムと連動できる
ハイエンドモデルまで

特長

  • 簡単な操作:
    見やすいLEDと押しやすいキーパッド
  • バラツキのない試験結果:
    上位機種と同性能で制御
  • アタッチメントの交換が簡単:
    ワンタッチでパドル・バスケット・回転シリンダーを交換
  • JP/USP/EP準拠

概略仕様

お客様の要望に合わせ様々な機種を提供しています。

 

  • DT 126 light:リーズナブルな価格でUSP1,2,5,6法の試験を行える6連ハイヘッドモデルです。機能を試験時間・シャフト回転数・恒温槽温度に絞り、シンプルな溶出試験を行うためのエントリーモデルとして最適なモデルです。
  • DT 720シリーズ:スタンドアローンで溶出試験を行えます。またERWEKA社製溶出試験ソフトウエアDisso.net・フラクションコレクターに接続していただくと、自動サンプリングシステムや、自動分析がお使い頂ける溶出試験器です。
  • DT 820シリーズ:ソフトウェアを使用せずに単体でフラクションコレクターに接続し、自動サンプリングシステムや、自動分析がお使い頂ける溶出試験器です。

 

全ての製品が各ベッセルやシャフトの取り外しも簡単に行え、排水アウトレット付ウォーターバスでクリーニングも簡単に行えます。

外部フロースルーヒーターで振動の影響を低減することが出来、温度条件を一定に出来ます。

名称 型式 局方 ベッセル数 特長
溶出試験器 DT126 JP1,2/USP1,2,5,6 6 シンプルでリーズナブル
スタンドアローンモデル
DT128 JP1,2/USP1,2,5,6 8
DT1212 JP1,2/USP1,2,5,6 12
DT726 JP1,2/USP1,2,5,6 6 溶出試験ソフトウエアDisso.netから溶出試験器、フラクションコレクター、分析機器を制御可能
DT1410 JP1,2/USP1,2,5,6 12
DT826 JP1,2/USP1,2,5,6 6 溶出試験器からフラクションコレクターや分析機器を制御可能
DT1610 JP1,2/USP1,2,5,6 12

 

 

用途・事例

用途

錠剤の研究および品質管理

事例

DT126温度測定モデル

  • 装置:DT126
  • 課題:温度の自動測定ができない
  • 解決方法:国内にて温度測定モジュールVt Systemを製作し、自動で温度測定を行えるように改良した。
カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品