PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 経口吸収性予測ソフトウエア  BioavailabilityDesign Expert

BioavailabilityDesign /
バイオアベイラビリティデザイン社(日本)
経口吸収性予測ソフトウエア
BioavailabilityDesign Expert

溶出率や経口吸収率の経時変化を計算
計算式がオープンになっており理論的

特長

  • 溶出率や経口吸収率の継時変化を計算
  • 体内動態のデータ(CL,Vd)を入れることで、経口投与後の血中濃度推移を予測
  • 消化管各部位の濃度推移や吸収率を予測
  • コントロールドリリース製剤のシミュレーションが可能
  • 溶出試験モジュールにより、溶出試験をシミュレート

概略仕様

薬物の経口吸収率をin vitroのデータから予測するソフトウェアです。

本ソフトウエアは、各種in vitro実験データや物性データを入力することにより、経口吸収率(Fa:fraction of a dose absorbed)を計算でき、また経時変化をグラフに表すことができます。 本分野の第一人者である菅野清彦博士(元ファイザー Associate research fellow、現立命館大学薬学部教授)が開発した経口吸収率予測に関する理論を、ソフトウェアとして提供する為に開発されました。
本ソフトウェアに用いられている理論式および生理学的データは、全て下記の書籍中に詳しく説明されております。

Kiyohiko Sugano
Biopharmaceutics Modeling and  Simulations: Theory, Practice,
Methods, and Applications. 2012, Wiley.

 

シミュレーションできる内容

  • Dissolution Test
  • Dissolution test pH change
  • pH solubility profile*
  • In vitro membran*
  • Dissolution permeation system*
  • GISimulator*


レポート一例

  • 溶解度(胆汁濃度やpH変動に伴う推移)
  • 固体表面pH(同上)
  • 固体表面溶解度(同上)
    (消化管部位別経時推移)
  • 吸収率
  • 溶解濃度経時推移
  • 飽和度経時推移(消化管部位別)
  • 薬物粒子移動
  • 顆粒移動
  • 錠剤/カプセル移動
  • 有効膜透過係数(Peff)
  • 上皮細胞膜透過係数(Pep)
  • 遊離型薬物分率(fu)
  • 消化管上皮膜近傍濃度
    (消化管部位別経時推移)

粒度分布計のデータをインポートすることができます。

【出力】
結果は、右クリックでクリップボードへExport可能

 

 

  • Microsoft office Excel 2013以降のExcelに対応。
  • ライセンス使用(1ライセンス/年)1ライセンスにつきPC3台まで使用可能。
  • 使用にはドングルキーが必要であり、3台のPCで同時に使用することはできません。

用途・事例

製剤設計、経口吸収のシミュレート

メーカーホームページURL

http://bioavailabilitydesign.com/
カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品