ABOUT ジャパンマシナリーについて

  1. TOP
  2. ジャパンマシナリーについて
  3. 沿革

HISTORY 沿革

ジャパンマシナリー株式会社は、日本の産業が急速に発展し海外の最先端技術を取り入れる必要に迫られた1959年に設立されました。私たちの焦点は設立当初から「最先端技術の提供」に絞られていました。お客様のご要望を正確に理解し、それを満たす製品を丁寧に探していったことが、我々の発展の大きな柱となっています。

東京本社が設立された直後、ジャパンマシナリーは大阪(1959)と名古屋(1960)にそれぞれ支店を構えます。10年後、高度経済成長によって世界に通用する製品を提供できるまでに日本の企業が技術力を高めた1972年、弊社は海外営業部を開きました。その後も弊社は継続して新しいメーカー様を仲間に加えつつ、日本の主要な産業都市を全てカバーするまで規模を拡大致しました。

テクニカルオフィスを設立したことによって、弊社は技術やシステム面での綿密なサポート・品質管理検査・キャリブレーション試験・アフターケア・修理業務を信頼できるレベルで提供可能になりました。管理体制も着実に整えて行ったことにより、ISO 9001 (2002) とISO 14001 (2011)を取得するに至り、また2009年にはSAP ERPの導入も果たしました。結果として、現在ジャパンマシナリーは世界中500以上の企業から最高品質の製品を輸入しており、日本中の産業的に重要な都市に14以上の支店を構えています。

また、海外営業部は「メイドインジャパン」の製品を40カ国以上の国々に紹介(代理販売)しています。

2012年に新しく設立した「JMCビル」によって、我々は最先端で高品質なサポートを行うこともできるようになりました。中には弊社自慢の製品をお客様に直接見て・試していただけるショールームも完備してございます。

ジャパンマシナリーは、50年以上の継続した安定的成長を経て培われた企業文化、信頼関係、ノウハウを持つ高い専門レベルを持つマルチナショナルなチームであることを誇りに思っています。今後も現状に満足することはせず、チームジャパンマシナリーは自信とチャレンジ精神を持って、変化の早い世界に挑戦していきます。

昭和34年 ジャパンマシナリー株式会社設立
資本金4,000,000円
昭和34年 大阪支店開設
昭和35年 名古屋支店開設
昭和45年 広島支店開設
昭和47年 輸出部門開設
昭和48年 資本金44,800,000円(現在)に増資
昭和53年 九州営業所開設
昭和53年 静岡営業所開設
昭和56年 六郷倉庫(旧JMCビル)社屋購入
昭和57年 茨城営業所開設
昭和58年 北関東営業所開設
昭和61年 京都営業所開設
昭和63年 ハイテクセンター社屋購入
平成14年 ISO9001認証取得
平成20年 今治事務所開設
平成21年 仙台事務所開設
平成23年 関西営業課開設
平成23年 ISO14001認証取得
平成23年 千葉営業所開設
平成24年 現JMCビル竣工 ショールーム併設
平成26年 ロシア駐在所開設
平成27年 国土交通大臣許可(般-26)第25682号 
管工事業、機械器具設置業 建設業許可取得
平成28年 東京営業課と京浜営業所を統合し、東京支店開設(JMCビル)
平成30年 営業本部制導入により第一、第二営業グループ発足
令和1年 JMC南六郷ビル(技術サービス課)竣工 デモルーム併設