PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 幅長計/ACCUPLAN

KELK / ケルク社(カナダ)
幅長計/ACCUPLAN

従来のCCD方式と全く異なる“ラインスキャン方式”を採用
これにより、解像度は容易に上がり、レンズ不要なため、直線性があり、CCD特有のブルーミング補正は不要です。
検出素子はヒューム、水蒸気の環境で効果を発揮します。

特長

鉄鋼業界に特化し、豊富な納入実績で要望にお応えします

  • 測定精度±2mm *h20m設置 解像度 1/1840°
  • 300℃~エッジ検出可
  • 水蒸気を透過したIR熱放射スペクトルを検出
  • ラインスキャンは板上の水とスケールに影響されません
  • レンズ不使用なため、高い直線性とブルーミング処理不要

概略仕様

精度*1 ±2mm 2σ
再現性*1 ±1mm 2σ 
分解能*1 ±1mm 2σ
測定ピッチ 50mm、100mm、200mmの何れか
測定レート 幅72回/sec、長さ72回/sec(*2)  
測定温度レンジ 300℃~1300℃
型番種類(4種何れか)   A:幅のみ、B:幅/長さ、C:幅/長さ/形状, D:幅/長さ/形状/長尺

*1:スキャナ位置がパスライン真上20m、ロールテーブルと平行に設置 条件です
*2:型番Aモードの場合は、「幅」のみの測定となります

KELKのクロップシステム

用途・事例

用途

圧延製品を生産する上で、生産効率の向上を図るために用いられます

ACCUPLANは高所(20m)からスラブ又は圧延プレートを全面測量し、その形状を平面図形化する光学装置です。測量はCCDカメラでの可視光が一般的ですが、ACCUPLANは、鋼鈑からの熱放射エネルギーを検知する測量方式なため、水蒸気やスラグが存在する状況下で正確な測定結果を提供します
正確で安定した測量結果の提供が“生産効率向上”を実現します

事例

粗・仕上ミル圧延後に設置(日本及び世界の鉄鋼圧延業)

 

 

この製品に関する動画

 

https://kelk.com/node/16

RELATED 関連製品