PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. WILLIAMSON / ウィリアムソン社(アメリカ) フレアモニター

WILLIAMSON / ウィリアムソン社(アメリカ)
フレアモニター

フレアスタックで使用する蒸気量を削減できる
革新的な赤外線光学センサー

特長

  • フレアスタックの火炎を遠隔にて監視:最長550m ※
  • 燃焼効率の見える化を実現
  • 黒煙の発生を防ぐ
  • 無駄な蒸気の排出を防ぎコスト削減可能
  • 視野内であれば火炎の大きさや位置の影響を受けない
  • スイベルブラケットの採用により、簡単に視野調整が可能

  ※測定環境により測定可能距離は変わります。

概略仕様

フレアスタックには通常、黒煙発生防止の為に煙道に蒸気や空気を送ることで、余剰ガスと空気をよく混合する工夫がされています。黒煙の正体は、ガスの不完全燃焼による炭素の”燃え残り”です。そのため、余剰ガスと空気の混ざる量を調整することでガスが完全燃焼し、黒煙を発生させないようにすることができます。

 

最新のフレアスタックは、非定常時に対応できるよう高流量にて設計されており、一般的には黒煙を発生させないよう過剰な蒸気が送られています。過剰に蒸気を送ってしまうことは燃焼効率が低いことを示します。一方、蒸気量が少なければ黒煙が発生してしまいます。適切な蒸気量を送る有効な制御を行うためには、良好な燃焼効率と黒煙が発生するポイントをリアルタイムに測定する必要があります。

 

フレアモニターは、高温の火炎内の酸素ベースのイオンと炭素ベースのイオンの比率を測定する2波長赤外線光学センサーです。フレアモニターで測定した数値を基に黒煙が発生し始めるポイントのすぐ下まで蒸気量を制御することにより、「黒煙が発生しない」「過剰な蒸気を送らない」最適な燃焼効率の状態を実現できます。この特性により、Williamsonフレアモニターは、石油精製、石油化学、油井/ガス井の掘削、製鉄所などで使われるフレアスタックの蒸気量を自動制御できる唯一の実用的な光学装置になります。

 

  【導入メリット】 

≪現状例≫
●監視カメラを通して目視にて火炎を監視
●目視により火炎の状態を判断し蒸気量を手動操作
●現実的に常時、人が監視することは難しい
●黒煙を発生させないよう過剰な蒸気を
送ってしまっている
≪フレアモニター導入後≫
●フレアモニターにて火炎の燃焼状態を数値化し、
データにて監視
●制御システムにフレアモニター測定値を取り込み、
フィードバック制御を用いて蒸気量を自動制御
黒煙を発生させず、過剰な蒸気を送らないような
蒸気量の調整を自動で行える
●過剰な蒸気を送らないことでコスト削減に繋がる

用途・事例

 石油精製、石油化学、油井/ガス井の掘削、製鉄所など、あらゆるフレアスタックの火炎を遠隔監視

 

    

 

 

カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品