PRODUCTS 製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 透過型ラマン分光装置 TRS100

Agilent Technologies / アジレント・テクノロジー社(アメリカ)
透過型ラマン分光装置 TRS100

製薬分野における定量分析
前処理不要・非破壊測定・結晶多形解析

特長

  • 非破壊測定 -前処理なしで多種多様な剤形に対応
  • 迅速測定 -1錠あたり1秒以下の驚異的スピード
  • バルク分析が可能 -錠剤全体を評価
  • 結晶多形解析 -高感度で効率的な新手法

概略仕様

錠剤とカプセルの全量分析や、薬剤の品質管理試験における多形分析を短時間で容易に実施することができます。アジレントの透過型ラマン分光 (TRS) 技術は、他の分光分析メソッドよりも導入しやすく、QC アプリケーションでのメソッドの開発や展開も簡単です。TRS100 システムでは、含量均一性試験 (CU)、アッセイ、同定試験にかかる時間を 1 バッチあたり数分まで短縮できるため、コストを大幅に削減し、QC ワークフローをスピードアップできます。

TRS100のトレイには、コーティング錠やカプセルを最大 300 個、ガラスバイアルや粉末サンプルは数十個、載せることができます。サンプル前処理や消耗品は必要ありません。そのため、熟練した分析スタッフでなくても扱えます。透過型ラマンを用いた CU 試験法は、ICH やレギュレータプロトコルを使用する規制当局の承認を受けています。 

TRS100 では、錠剤を粉砕せずに、その結晶多形含有量を定量測定できます。定量下限 (LOQ) は 0.1~1 % w/w。これは XRPD をはるかに上回っています。また、非結晶 API/錠剤分析では、残留結晶化度の測定に使用できます。

 

 

 

この製品に関する動画

用途・事例

用途

  • 含量均一性試験
  • 結晶多形の定量分析

 

事例

  • 含量均一性試験
    サブサンプリングせずに錠剤・カプセルの全量分析
  • 結晶多形の定量分析
    製剤化された非結晶 API 錠剤を壊さずに、検出下限 (LOD) 0.1~1 % w/w で残留結晶多形を検出

 

 

 

 

カタログ PDFダウンロード

RELATED 関連製品